読売新聞の公式ウェブサイトです。
読売新聞やグループ各社のPR展開のあれこれを幅広く紹介しています。普段は見ることのできないCMや提供番組の舞台裏も…ウェブ限定のプレゼント企画も発信しています。ツイッターのフォローもよろしくお願いします!

五輪を目指す高校生を描いた
ミニムービー
「私は、自称次期日本代表」です

2016年07月29日
 五輪出場を目指す高校生アスリートと、選手を支える人々を描いた新しいミニムービー「私は、自称次期日本代表」ができました。  主人公は女優の小川あんさん演じるバレーボール部キャプテン。支えてくれる家族やチームメート、商店街の人々と“チーム”を組んで試合に臨む姿を描いています。  楽曲は人気ロックバンドのBLUE ENCOUNT(ブルーエンカウント)の新曲「だいじょうぶ」です。  ミニムービーをコンパクトに編集したテレビCMは、BS日テレ「深層NEWS」(毎週月~金曜の22~23時)などで放映します。また、東京・渋谷駅のハチ公口広場前にある「シブハチヒットビジョン」でも、午前7時(午前8時までは音声がありません)から午前0時までの間、約3~5分に1回程度放映されています。

ミニムービー「届けつづける」です

2016年07月29日
  読売新聞が制作したドキュメンタリーミニムービー「届けつづける」です。音楽は佐野元春さんの書き下ろしです。佐野さんのパンチを効かせた「境界線」をバックに、編集、制作、販売などメディアの素の部分を表現しました。ぜひご覧ください!

医療の「今」を伝える
「医療ルネサンス」
子どもをテーマに記事をまとめた
小冊子ができました

2016年09月27日
 本紙のくらし家庭面の連載企画「医療ルネサンス」。昨年の記事をまとめた小冊子「医療ルネサンス・第34号=子どもと歩む=」ができました。  1992年にスタートした「医療ルネサンス」は、「最新の医療を、患者の声とともに伝える」をテーマに、編集局医療部の記者が全国の医療現場を報道する長期連載。昨年2月には連載6000回を迎えました。 第34号は、昨年連載分から「子ども」をテーマに抜粋。「揺れる命 着床前検査」「揺れる命 新しい家族の形」「子どもの難聴」「子どもの発達障害」「難病の子と二人で」の5シリーズにまとめ、計26本の記事を収録しています。  「医療ルネサンス第34号」などの小冊子は、ウェブサイト「読売新聞へようこそ」の「冊子プレゼントコーナー」からお申し込みできます(送料のみご負担いただきます)。配送には約3週間かかります。

天平文化の宝物を今に
正倉院展10月22日に開幕

2016年09月26日
 聖武天皇と光明皇后の愛用品など約1250年前に花開いた天平文化の宝物約9000点を収納する奈良・正倉院。奈良国立博物館で10月22日(土)から開かれる第68回正倉院展(特別協力・読売新聞社)では、その中から初出展9件を含む64件が公開されます。  18年ぶりに展示されるペルシャ風の水差し「漆胡瓶(しっこへい)」は、シルクロードの遺風を伝える名品です。このほか、木の下にいる尾長鳥をデザインした「鳥木石夾纈屏風(とりきいしきょうけちのびょうぶ)」など、天平時代の工人の高い技術を今に伝える名品がそろいます。  開催概要や見所は、読売新聞の特設サイトからご覧になれます。

スポーツ報知「Ho!さん」
ライバル紙のキャラと対決?
ユニークな動画を公開中です

2016年09月23日
 「ゆるキャラグランプリ2016」にエントリーした2つのスポーツ紙のキャラクター、報知新聞(スポーツ報知)の「Ho!さん」(ほーさん)と、日刊スポーツの「ブル男」(ぶるお)が、それぞれの「売り」を訴えて対決する動画を公開しています。  2012年に生まれた謎の生物「Ho!さん」は、性別や年齢などすべてが非公開ながら、毎日のように紙面上に現れて「Ho!」とつぶやくなど、目立ちたがりなのが特徴です。  ブルドックをモチーフにした「ブル男」は、2014年に誕生。「38歳、独身、会社員、自称『築地大使』」など、詳細なプロフィルも公開されていて、同紙の紙面や動画、ウェブサイトなどでほぼ毎日、登場しています。  今回が初めての「ブル男」と、今年で4回目のエントリーとなる「Ho!さん」のゆるキャラグランプリでの“対決”を描いた動画は、人気アニメ「秘密結社 鷹(たか)の爪」の制作会社、ディー・エル・イーが担当しました。  一般からのインターネットでの投票の順位は、23日現在で「Ho!さん」がややリードしています。火花を散らす「2人」に声援をお願いします。投票の経過や「ゆるキャラグランプリin愛顔(えがお)のえひめ」(松山市の城山公園芝生広場で11月5、6日)の詳細は、こちらをご覧ください。

3人が笑う先には・・・
24日放送の「ワーズハウスへようこそ」

2016年09月21日ワーズハウス舞台裏
 24日放送の日本テレビのミニ番組「ワーズハウスへようこそ」(20:54から、関東地区のみ。読売新聞社提供)は、ことはさん(斎藤光香さん)が通う大学の体育館が舞台です。廊下を歩いていたことはさん、いろはさん(草刈民代さん)、文之介君(長島暉実さん)の3人が、男性の歌声が聞こえる方へ行くと、清掃員の男性が大声で歌って踊りながら床を掃いていました。  清掃員役の木下貴夫さんは、過去にも「ワーズハウスへようこそ」でピザの配達人などを演じ、今回で5回目の出演です。今回は、愉快でありながらどことなく哀愁漂う歌声と踊りを披露。この熱演を間近で見た草刈さん、斎藤さん、長島さんは、「OK」が出た後も、笑いを止めることができない様子でした。今回は、木下さん演じる清掃員の男性の様子を表した言葉を紹介します。  明治学院大学の横浜キャンパス(横浜市戸塚区)を舞台にした放送は、来週も続きます。

すべての記事や広告が「両さん」
「読売新聞こち亀版」の
抽選結果です

2016年09月20日
 17日発売の週刊少年ジャンプとコミックス第200巻(いずれも集英社)で幕を閉じた秋本治さんの漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。連載40周年の軌跡をたどる展覧会「こち亀展」を記念して発刊された「読売新聞こち亀版」のプレゼント企画に、全国から多くのご応募をいただき、誠にありがとうございました。  抽選の結果、東京都稲城市、奈良県生駒市、鹿児島県徳之島町にお住まいの方々へお贈りします。  「こち亀展」は、東京・日本橋高島屋で9月26日(月)まで開かれています。詳しくはこちらをご覧ください。

原作の中の出来事が新聞記事に!
全面「両さん」仕様の
「読売新聞こち亀版」を
20名様にお贈りします

2016年09月16日
 秋本治さんのギャグ漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載40周年の軌跡をたどる展覧会「こち亀展」(東京・日本橋高島屋で26日まで)を記念して発刊され、作品の中で起きた出来事を掲載した「読売新聞こち亀版」(ブランケット判フルカラー12ページ)を、20名様にお贈りします。  第1~199巻から選び抜いた大騒動や感動エピソードを独自に紙面化。記事はもちろん、テレビ欄や広告も全てこち亀仕様の特別な作りで、随所で両さんが活躍(?)しています。  読売新聞こち亀版は、 こちらからご応募できます。締め切りは9月19日(月)23時59分です。  展覧会の詳細は、こちらをご覧ください。

長島さん、あのギャグに挑戦!
17日放送の「ワーズハウスへようこそ」

2016年09月15日ワーズハウス舞台裏
 17日放送の日本テレビのミニ番組「ワーズハウスへようこそ」(20:54から、関東地区のみ。読売新聞社提供)は、文之介君役の長島暉実さんが、英語と日本語を交えた語り口の芸風で有名なタレントさんのギャグに挑戦しました。  長島さんは、梅澤利之監督と一緒にスマートフォンでご本人が登場している動画を見ながら、演技を研究。最初は難解(?)なギャグに「ふぅー」とため息をつく長島さんでしたが、梅澤監督から「雰囲気が大事だからね」とアドバイスを受け、何度も練習していました。 本番では熱心な研究のかいもあって、完璧なコピーを披露し、出演者やスタッフをうならせました。  今週は「思い立ってあることを成し遂げようと決心する」ことを意味する四字熟語を紹介します。是非ご覧ください。

家庭版10月号
「スタイルコレクション」
テーマはジャケットとパンツです

2016年09月14日
 読売家庭版10月号の「南暁子のスタイルコレクション」のテーマは、ジャケットとパンツです。  南さんの今月のポイントは「色の組み合わせ」。相性のよい「ブラウン」と「ブルー」を基調に、靴下などの小物でアクセントを付けるスタイリングを提案しています。  「読売家庭版」は、本紙読者でご希望の方に毎月お届けしている生活情報誌です(東日本地区のみ)。  この10月号を含むこれまでのイラストは、こちらからご覧になれます。

ディズニー絵画シリーズ
10月は星空をながめる
「くまのプーさん」たちと
映画「バンビ」のポスターです

2016年09月13日
 読者でご希望の方に毎月2枚お届けしている、オリジナルのディズニー絵画。10月分の「ディズニー・ピクサー」シリーズは、木に登って月や星を鑑賞する「くまのプーさん」たちを描いた「満点の星を見上げて」です。「ヴィンテージポスター」シリーズからは、1942年に公開された映画「バンビ」です。  ディズニー絵画シリーズのこれまでの作品は、こちらでご覧いただけます。

14日開幕「こち亀展」
招待券の抽選結果です

2016年09月12日
 日本を代表するギャグ漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(秋本治著)連載40周年を記念した展覧会「こち亀展」の招待券プレゼント企画に、多数のご応募をいただきまして、どうもありがとうございました。抽選の結果、東京都日野市、滋賀県竜王町、大阪府東大阪市などにお住まいの10名様(ペアチケット)にお贈りします。  展覧会は、9月14日(水)から9月26日(月)まで、東京・日本橋高島屋で開催します。詳細はこちらをご覧ください。

リオ・パラリンピック開幕!
読売新聞ビルで報道写真展開催
現地をリポートするラジオ番組も
提供します

2016年09月9日
 日本時間で8日に開幕したリオデジャネイロ・パラリンピックの日本選手の活躍を、本紙記者が撮影した写真でご覧いただける報道写真展が、東京・大手町の読売新聞ビル3階のよみうりギャラリーで開かれています。  現在は、車いすテニスの国枝慎吾さんや車いすバスケットボールの藤本怜央さんなど、日本代表選手のこれまでの国際大会での模様を収めた写真を掲示していますが、今回のパラリンピックでの写真も順次、展示していきます。オリンピックの写真や号外なども引き続きご覧になれます。  読売新聞は、大会や選手の様子を現地からリポートするニッポン放送のミニ番組「リオデジャネイロ パラリンピック リポート」にも提供、メダル獲得に挑む日本代表選手を応援しています。同ミニ番組は、開催期間中の「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜の午後0時32分ごろ)、「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」(土曜午後1時10分ごろ)、「土田晃之 日曜のへそ」(日曜午後0時32分ごろ)の中で放送されます。  報道写真展は9月18日まで午前8時~午後9時(日曜・祝日は午後6時まで)。入場無料。お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

素敵なハーモニーです!
10日放送の「ワーズハウスへようこそ」

2016年09月8日ワーズハウス舞台裏
 10日放送の日本テレビのミニ番組「ワーズハウスへようこそ」(20:54から、関東地区のみ。読売新聞社提供)は、先週に続き、ことはさん役の斎藤光香さんが所属する学生アカペラサークル「Musik Spiel(ムジーク シュピール)」が出演します。  収録日(8月上旬)の直前まで前期試験だったMusik Spielのメンバー。今回披露する曲は収録当日に初めて練習できたそうですが、調和の取れた歌声に撮影現場では拍手が沸きました。斎藤さんは「短時間で楽曲を覚えてくれて感動しました」と振り返っていました。  先週は、Musik Spielのメンバーが、ステージで披露したい歌を巡って意見が二分したまま別々に練習をしている、という場面で終わりました。今回は、文之介君(長島暉実さん)がある提案をし、解決に向かいます。是非ご覧ください。

「新型」ミー太郎も登場!
16日にイベント&サイン会

2016年09月7日猫ピッチャー日記
 連載3年目を迎えた読売新聞日曜版の漫画「猫ピッチャー」。これまでに多くの読者に支えていただいたおかげで、コミックのシリーズ累計販売が50万部を突破しました!今回刊行されるコミック「猫ピッチャー5」を記念し、著者のそにしけんじさんをお迎えしたサイン会(要整理券)が、9月16日(金)に東京・大手町の読売新聞ビル3階ギャラリーで開かれます。  当日は、原作漫画に近い2.5頭身のミー太郎が登場するほか、関連グッズも販売いたします。サイン会に参加されない方も、是非お立ち寄りください!  サイン会への参加ご希望の方は、明日9月8日(木)に整理券(コミックご購入の先着100名様)を配布いたします。配布場所などの詳細は、こちらをご覧ください。

テンション高めです
ミー太郎、金沢に

2016年09月6日猫ピッチャー日記
 猫ピッチャーのミー太郎は、9月6日に放送されたテレビ金沢の情報番組「マル得配便DX」に出演するため、金沢市へ行ってきました。番組キャスターの平山貴人さんは、ミー太郎のかわいらしさにすっかりハートを射抜かれてしまったよう。ピンク色の肉球やふっくらしたおなかを触っては、「うーん、めっちゃ気持ちいぃー、かわいいー」と興奮していました。  また、収録当日、金沢のゆるキャラ「郵太郎」とばったり出会うというハプニングも。郵太郎に負けずに頑張ろうと、番組の収録に臨んだ、ミー太郎でした。  いつも以上に気合の入った(?)ミー太郎の姿を、動画でご覧ください!

「こち亀展」招待券
10組20名様にお贈りします

2016年09月5日
 日本を代表するギャグ漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(秋本治著)が、集英社の週刊少年ジャンプに連載されて40周年を迎えました。それを記念した展覧会「こち亀展」が東京・日本橋高島屋で9月14日に開幕します。この招待券を、抽選で10組20名様にお贈りします。  1976年の連載開始から毎週一度も休載したことのない「こち亀」の原画は3万枚を超えます。今回の展覧会では、その中から厳選された作品を多数展示するほか、作中で何度も取り上げられた東京の祭りを紹介するなど、「こち亀」の世界を体感できます。さらに、神田明神に永年奉納するため秋本さんが描き下ろした全長7メートル超の絵巻も公開されます。  招待券はこちらからご応募できます。締め切りは9月11日23時59分です。  展覧会は9月26日まで、詳細はこちらをご覧ください。

もっと見る