「ワーズハウスへようこそ」の
節分は初のミステリー仕立て
1月28日放送分です

 2月3日の節分を前に、一足早い豆まきです。1月28日放送の日本テレビ「ワーズハウスへようこそ」(20:54から、関東地区のみ。読売新聞社提供)は、誰が鬼の役をやるかで、いろはさん(草刈民代さん)、ことはさん(斎藤光香さん)、文之介くん(長島暉実さん)がもめています。

 2009年春にスタートした番組では、この季節になると毎年のように節分を取り上げてきました。当初から出演している斎藤さんは「(祖父・文蔵さん役を務めていた)児玉清さんが鬼役の回で『本気で豆を投げていいよ』とおっしゃるので、力いっぱい投げたら『痛いよ』と叱られちゃったことが、節分の思い出です」と振り返ります。

 今回の節分はミステリー仕立てです。番組では初めての試みで、「普段やらない演出だったので、難しかったです」と長島さん。是非ご覧ください。