いよいよ11日から
「世界らん展日本大賞2017」
会場の様子を動画でご案内

 洋ランや東洋ラン、日本のランが一堂に会する「世界らん展日本大賞2017」が11日、東京・文京区の東京ドームで開幕します。会場の様子を動画でご紹介します。

 27回目となる今回は、ランの世界にいざなう入り口「オーキッド・ゲート」を宝塚歌劇団が監修し、皆さまをお迎えします。会場には、華道家の假屋崎省吾さんや女優の志穂美悦子さんなどの作品、子どもの楽しめる「動物の姿に見えるラン」をはじめ、19か国・地域から集まった3000種、10万株のランを展示しています。

 先着順で参加できるフラワーアレンジメント教室等のワークショップや、ステージでのトークショーなどもあります。詳しくはこちらをご覧ください。