ことはさんの卒業論文にびっくり!
1月6日放送「ワーズハウスへようこそ」

 1月6日放送の日本テレビのミニ番組「ワーズハウスへようこそ」(20:54から、関東地区のみ。読売新聞社提供)は、いろはさん(主演の草刈民代さん)とかるたちゃん(住田萌乃さん)が食事の準備をしているところに、ふくれっ面をしたことはさん(斉藤光香さん)が帰宅するシーンから始まります。

今回は、ことはさんの卒業論文が話題の中心です。びっくりするような外見の論文ですが、テーマもとってもことはらしい内容になっています。ぜひチェックしてみてください。

 さて、ことはを演じる斉藤さんも現役の大学4年生!斉藤さんに卒論について伺ってみると、「私の学部は卒論は必要ないんです」とのこと。あと少し残っている単位を取得すれば卒業できるそうです。おめでとうございます。

 この撮影を行ったのは12月18日で、ちょうど斉藤さんの誕生日でした。斉藤さんに今年の抱負を聞いてみたところ「ちゃんと自分と向き合える1年にしたい」という思慮深い答えが返ってきました。2009年のワーズハウス放送開始時は中学生だった斉藤さん、その成長を長く見守ってきたスタッフには感慨深いものがあります。こんなところも、長く続く番組ならではの魅力ですね。

 今週は、納得が出来ない、合点がいかないという意味を示す言葉をご紹介します。ぜひご覧ください。